岐阜・山梨にあった米軍基地が地元の基地反対運動によって撤退、沖縄に集められた歴史… 「沖縄は基地反対しか言わない」と言い、基地だらけの沖縄に新たな基地建設を押しつける今の日本

1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です
岐阜県の各務原(かかみがはら)に約4000人規模の米軍が進駐したのは1945年10月だった。
終戦の2ヵ月後である。

各務原はもともと基地の街だった。
1876(明治9)年に旧陸軍の第3師団砲兵演習場が設置され、その後、各務原陸軍飛行場が開設された。
進駐した米軍は飛行場を接収し、「キャンプ岐阜」と名付けた。

朝鮮戦争がはじまると「キャンプ岐阜」は米海兵隊基地として機能した。
駐留兵士は約1万2000人にふくれあがった。

基地の門前で生まれ育った岩井稔さん(81歳)は、そのころの街の様子をはっきりと覚えている。

「商店街の看板が英語に書き換えられ、そりゃ町は一気ににぎわいましたよ」

歓楽街ができた。バーが林立した。米兵相手の女性たちも各地からやってきた。
派手なネオン看板が軒を連ね、基地の門前である市内那加地区は”岐阜の上海”とも呼ばれた..
 
 
記事・画像引用元(全文はこちら)
岐阜・山梨の米軍基地は、なぜ撤退して沖縄に集められたのか
安田浩一
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59112

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

感想ボタン
  • いいね! (6)
  • つまんない (0)
  • わろた (0)
  • 読まなかった (0)
  • は?怒 (0)
  • エッッッッ (0)
  • アベが悪い (8)

こちらの記事もどうぞ

SNSでシェア