「受け取り役」は高齢者…特殊詐欺に新たな手口

1: ちゃとら ★ 2016/01/29(金) 19:21:53.56 ID:CAP_USER*.net
 犯行グループが高齢の被害者に対し、事情を知らない別の高齢者の自宅に現金を送らせて回収する新たな特殊詐欺の手口が出始めている。

 被害金の受け渡し方法は、かつて悪用された現金自動預け払い機(ATM)での警戒が強まり、「振り込み型」から私設私書箱などへの「送付型」に移行したが、
対策が進んでおり、高齢者を「受け取り役」として悪用しているとみられる。

 大阪府警が昨年10月に摘発したグループの手口では、大阪府八尾市の80歳代の被害女性が詐取され、横浜市の同年代の女性が「受け取り役」となっていた。

 グループは昨年6~8月、2人に対し、東日本大震災の復興支援のNPO関係者を装って電話をかけ、仮設住宅購入のための名義貸しを依頼。
了承を得ると、今度は別の人物が2人に「名義貸しは犯罪。逮捕されないためには金がいる」と電話で脅し、
横浜市の女性に「助けてくれる人がいる。送られてくる荷物を受け取れ」、八尾市の女性には横浜市の女性宅に「900万円を宅配便で送れ」とそれぞれ指示したという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160126-00050022-yom-soci

画像
no title

引用元: ・【社会】「受け取り役」は高齢者…特殊詐欺に新たな手口

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.