==速報== パリ同時多発テロ事件、検察「組織された同一グループによる犯行」

パリ同時多発テロ事件、検察「組織された同一グループによる犯行」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20151115-00000005-jnn-int

引用:
TBS系(JNN) 11月15日(日)7時22分配信

 フランス・パリで120人以上が死亡した同時多発テロで、フランスの検察当局が会見を行い、テロは周到に組織された同一グループによる犯行との見方を示すとともに、実行犯の1人がフランス国籍の29歳の男と特定したことを明らかにしました。

 「7人のテロリストはいずれも自動小銃を使用し、最大限の被害者数を出すため、同一の爆発物を身に着けていた」(フランス検察当局)

 フランスの検察当局は14日、会見を行い、6か所で起きた同時多発テロは、7人からなる同一グループが3つのチームを周到に組織し行った犯行との見方を示しました。また、検察当局は、劇場を襲撃した犯人の1人について、フランス国籍の29歳の男と特定し、この男がフランス当局の監視下に置かれていたことも明らかにしました。

 このほか、検察当局は一連のテロに絡みベルギー当局が対テロ捜査を開始し、これまでに数人を逮捕したことを確認したということです。ロイター通信などによりますと、ベルギー当局の捜査は、ベルギーで借りられ、劇場のテロで使われたとみられる車に関連しているということです。

 「今回のテロはジハード主義を掲げる過激派組織『イスラム国』による戦争行為だ」(フランス オランド大統領)

 一連のテロをめぐっては、フランスのオランド大統領が14日、「テロは過激派組織『イスラム国』による犯行」と断定する一方で、「イスラム国」のものとみられる犯行声明がインターネット上にあがっていました。

 「スタジアム前で自爆した犯人の遺体のそばからは、シリア国籍のパスポートが見つかったということです」(記者)

 一方、ロイター通信はサッカースタジアムの自爆テロの現場で見つかった2人の自爆犯の遺体の近くから、それぞれシリアとエジプトのパスポートが見つかったと報じました。ギリシャ当局は、シリアのパスポートを所持していたとみられる男について、難民らが押し寄せているギリシャのレロス島から、先月、ヨーロッパに入ったとの見方を示しました。

 「事件現場のすぐ近くには病院があります。病院では重傷者の患者が治療を受けているということで、たくさんの人たちが献血のために集まっています」(記者)

 テロから一夜明け、それぞれの事件現場では献花する市民などの姿が見られました。フランスの検察当局は一連のテロで129人が死亡、352人がけがをし、そのうち99人が重体だと明らかにしています。(15日05:55)

最終更新:11月15日(日)8時8分
TBS News i
:引用終了

 
 


 
 
 


 
 
 


 
 
 

他の記事もどうぞ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.