【鎌倉市】 怖いほどリアルな津波シミュレーションCGを公開

記事・画像 引用元
鎌倉市HP

https://www.youtube.com/watch?v=sLQJjvmCZI8

引用開始:
大地震が発生した場合、本市でも大津波の襲来が懸念されます。短時間で安全に避難するには、避難経路、避難場所の確認などの日ごろからの備えや、津波に関する正しい知識が重要です。
津波シミュレーション動画は、もし津波が本市に襲来した場合、どのような被害が起きるのかを市内4箇所をポイントにコンピューターグラフィックで再現し、具体的な避難をイメージしてもらうとともに、津波発生のメカニズムや想定される地震と津波の到達時間などをわかりやすく解説したものです。
※映像には実際の津波及び市沿岸での津波被害を想起させる表現が含まれますが、防災意識の啓発を目的としたものですので御理解のうえ御視聴ください。

:引用終了

・こういうシミュレーションは、各地でやってほしい。

・自分の事、自分の住んでいる町の事
我が子や離れて暮らす親をどう救うか?
それは日頃から自分にも起こる事として
訓練しておくしかありません。
その上でリアルなこのCGは想像をサポートしてくれる有効なツールだと思います。
次は、地震版もお願いしたいです。

・ただしこんな綺麗な海水では無く瓦礫汚泥車などなどもっと凄い

・私は5年前の震災経験者です。
それは、建物の間を水が流れている描写ですが、実際はあの水の流れに停泊していた船や車や建物の瓦礫も津波と一緒に流れてきます。
ですから、地震が起きた際は一秒でも早く高台などに避難する必要があります。
車は絶対だめです!
もし車で避難して立ち往生した時、車を乗り捨てて避難しても、その乗り捨てた車が津波に押し流され迫ってきます。
徒歩での避難が自身の小回りも利き、二次災害も最小に抑えられると思います。
大切なのは、常に地震が起きた際の心構えと避難シュミレーションをしている事です。
一人一人が自分の危機管理を構築していてください。

・イメージしておくといざというとき必ず役に立つと思います。

・鎌倉の人気落ちちゃうじゃん。逃げること以外の根本的な対策がない中でシミュレーションするのは、不安を煽ることにつながるよね

・CG技術って、こういうときのためにあると思う。鎌倉の人気は落ちません。むしろ、万が一の事を考えて制作されたこのCGは、鎌倉市民はもちろんの事、観光客にも知ってもらうべき。素晴らしい取り組みだと思います。

・このシミュレーション作るなら、避難の場所やルート予想される人の動きもシミュレーションしてほしい。
ちゃんと避難場所やルートを把握できるようにという意味です

・津波に乗ってるサーファーも見たかった

他の記事もどうぞ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.