防衛省幹部「私は保守を自認してるが今の自衛隊はさすがにマズい」「<ネトウヨ思想>に汚染」… 背景に吉木誉絵氏の海自幹部学校、客員研究員就任などか

1: 風吹けば名無し@無断転載禁止
「私は、保守を自任していますが、いまの自衛隊はさすがにマズい。
このままでは、将来の司令官たる将官の卵たちの頭の中が、〈ネトウヨ思想〉に汚染されてしまいます」

人目をはばかり、取材班を自宅に招き入れた防衛省の中堅幹部(背広組)は、深刻な表情で言った。

はたして、ネット右翼に思想があるのかどうかは疑わしいが、中堅幹部から聞かされた自衛隊の〈将校教育〉の現状は、危険なものだった。
 
 
始まりは2016年6月、海上自衛隊の幹部学校(以下、海幹校)に、1人の女性がやってきたことだった――。
彼女の名は、吉木誉絵(31歳)。
古事記アーティストなる肩書で佐久弥レイという芸名も持っている。
 
 
なぜ、彼女が海上自衛隊の幹部を育成する海幹校へやってきたのか。
それは彼女が、海上自衛隊・幹部学校の〈客員研究員〉に就任したからだった。
この一報を受けて、最初に疑念の声を上げたのは、防衛省・防衛政策局・調査課の若手だったという。

「吉木って、いったい誰だって話になって……海幹校の客員研究員は、ただの名誉職ではありません。
海幹校へ自由な出入りが許され、各国軍の関係者が出席するレクや、一般には公開されない防衛研究所のデータベースへのアクセス権も与えられます。もちろん….
 
 
記事・画像引用元(全文はこちら)
https://jp.vice.com/news/crisis-of-self-defence-forces-01

 
 
参考 3/31 よるバズ

風吹けば名無し@無断転載禁止

風吹けば名無し@無断転載禁止

風吹けば名無し@無断転載禁止

風吹けば名無し@無断転載禁止

風吹けば名無し@無断転載禁止

風吹けば名無し@無断転載禁止

風吹けば名無し@無断転載禁止

風吹けば名無し@無断転載禁止

風吹けば名無し@無断転載禁止

風吹けば名無し@無断転載禁止

風吹けば名無し@無断転載禁止

風吹けば名無し@無断転載禁止

風吹けば名無し@無断転載禁止

風吹けば名無し@無断転載禁止

感想ボタン
  • いいね! (0)
  • つまんない (0)
  • わろた (0)
  • 読まなかった (0)
  • は?怒 (0)
  • エッッッッ (0)
  • アベが悪い (0)