【証言続々】 前川喜平前事務次官、NPOのボランティアに素性を明かさずHPから申し込み参加。「非常に熱心で一生懸命な方」

1: 風吹けば名無し@無断転載禁止
「あったものをなかったものにできない。」からもらった勇気
 
 
前川前文部科学省事務次官が、加計学園をめぐる文書で記者会見をされた。
 
様々な憶測が流れていて、何が真実か見えづらい。
 
実は、前川氏は、文部科学省をお辞めになった後、私が運営するNPO法人キッズドアで、低所得の子どもたちのためにボランティアをしてくださっていた。

素性を明かさずに、一般の学生や社会人と同じようにHPからボランティア説明会に申し込み、その後ボランティア活動にも参加してくださっていた。

私は現場のスタッフから「この方はもしかしたら、前文部科学省事務次官ではないか」という報告は受けていたが、私が多忙で時間が合わず、また特になんのご連絡もなくご参加されるということは、特別扱いを好まない方なのだろう、という推測の元、私自身は実はまだ一度も直接現場でお目にかかったことがない。

担当スタッフに聞くと、説明会や研修でも非常に熱心な態度で、ボランティア活動でも生徒たちに一生懸命に教えてくださっているそうだ。

「登録しているボランティアの中で唯一、2017年度全ての学習会に参加すると○をつけてくださっていて、本当に頼りになるいい人です。」

と、担当スタッフは今回の騒動を大変心配している。年間20回の活動に必ず参加すると意思表明し、実際に現場に足を運ぶことは、生半可な思いではできない。

今回の騒動で「ご迷惑をおかけするから、しばらく伺えなくなります」とわざわざご連絡くださるような誠実な方であることは間違いがない。
 
 
なんで、前川氏が記者会見をされたのか?
 
今、改めて1時間あまりの会見を全て見ながら、そして私が集められる様々な情報を重ねて考えてみた。
 
これは、私の推察であり、希望なのかもしれないが、彼は、日本という国の教育を司る省庁のトップを経験した者として、正しい大人のあるべき姿を見せてくれたのではないだろうか?
 
 
私は今の日本の最大の教育課題は「教育長や校長先生が(保身のために)嘘をつく」ことだと思う。
 
いじめられて自殺をしている子どもがいるのに、
 
「いじめはなかった」とか
 
「いじめかそうでないかをしっかりと調査し」
 
などと、校長先生や教育長が記者会見でいう。
 
「嘘をついてはいけません。」と教えている人が、目の前で子どもが死んでいるというこれ以上ひどいことはないという状況で、明らかな嘘をつく。
 
こんな姿をみて、子どもが学校の先生の言うことを信じられるわけがない。
(全文はソースで)
 
ソース
NPO法人キッズドア理事⻑
渡辺由美子オフィシャルブログ

 
 


 
 


 
 


 
 


 
 


 
 


 
 


 
 


 
 


 
 

他の記事もどうぞ