「政権を擁護」 「反対勢力をデマで批判」 ネット工作を国が保守団体に外注、投稿1件2500円~5000円…. 韓国

1: 風吹けば名無し@無断転載禁止

アルファチームの具体的な活動内容は、
李明博政権の序盤期に批判的社会世論が結集したダウム(ポータルサイト)の“アゴラ”に掲示文作成
ブログニュースコラム作成後にニュース送稿
朝中東など保守マスコミ読者欄への投稿などだった。

アルファチームはこのために、国家情報院から掲示文の照会数と賛成数を操作するためのプログラムも伝授された。

操作された掲示文の実績は、アルファチーム員の “李○○-全○○-呉○○-洪○○-金○○-金○○” を経て水曜日にキム・ソンウク代表に送られ、国家情報院はこの資料に基づき20代のチーム員には投稿1件当たり2万5000ウォン(2500円)、30代のチーム員には5万ウォン(5000円)を支給した。

国家情報院はアルファチームに対し「集中掲載コラム主題」を毎度伝達し、具体的な活動方向を指示した。

国家情報院が提示した主題は、
金大中(キム・デジュン)の嘘批判
イ・ウェス「京郷新聞」の嘘批判(2009年1月2日)
当分はMBC-民主党-民労党批判に集中(1月8日)
洪準杓(ホン・ジュンピョ)が左翼に侮辱されたコラム(1月16日)
チョン・ジソン判事(チョン・ジョンベ前国民の党代表の娘)集中批判(2月17日)
などだった。

国家情報院は実績を圧迫することも会ったた。
キム代表がチーム員に送った電子メールを見れば、「今月は学校側が掲載件数不足を理由に原稿料を相当に減額した。ベストと1000クリックの件(世論操作文は掲示板のベスト文に選ばれたり、少なくとも1000クリック以上は確保しなければならないという意味)に対して、今後はこれ以上は言及しない。学校側はこの問題で私を執拗に困らせている」という内容が出てくる。

国家情報院が僅かな金銭で右翼青年たちを“アルバイト部隊”として募集し、政権保衛のための突撃隊として活用したことがうかがえる。
 
 
ソース
国家情報院の世論介入明らかに…投稿1件当り2500円~5000円を支給
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27082.html
 
韓国版
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/790914.html

風吹けば名無し@無断転載禁止
>国家情報院が僅かな金銭で右翼青年たちを“アルバイト部隊”として募集し、政権保衛のための突撃隊として活用
 
まんまネトウヨやん

風吹けば名無し@無断転載禁止
自民党ネットサポーターズかな











自民党ネットサポーターズクラブ
http://www.j-nsc.jp/

風吹けば名無し@無断転載禁止
福島の自己責任論だって政権に都合がいいから
 
金があるものが利益のためにデマを流し攻撃する
許されることではない

風吹けば名無し@無断転載禁止
日本版→ 産経新聞、まとめサイト、2ちゃん
あとはどこかな

風吹けば名無し@無断転載禁止
日本の恐ろしいところは島国ならではの排他主義をデマと絡めて日本会議や新興宗教が恐怖を煽り一般の老人をも扇動していること

風吹けば名無し@無断転載禁止
こういうのだろ


風吹けば名無し@無断転載禁止
そこまで言って委員会とかニュース女子もそうだね

風吹けば名無し@無断転載禁止
大手まとめやツイッターのデマを追及していけばいい
大元が一緒だと思うぞw

 
 


 
 


 
 

他の記事もどうぞ