風俗経営を経て会社設立、そして貧困家庭の為に「こども食堂」を運営する夫婦の生き様が凄い

1: 風吹けば名無し@無断転載禁止
~風俗街で出会う~

マキ(34歳)がユウジ(45歳)に出会ったのは21歳。
2人が生まれ育った宮崎市内の風俗街でだった。

マキは働いていた飲み屋で知り合ったパチンコ依存症の夫と別れたところ。
ユウジは日中ビルメンテナンスの会社を経営しながら、夜はデリヘル業(デリバリーヘルスという業種の風俗店)に携わっていた。
ユウジもこの時点でバツ2だった。

2人は結婚。
デリヘルやSM店経営の後、本業のビルメン経営の傍らで、一般社団法人「日本プレミアム能力開発協会」という団体を立ち上げ、その事業の一環で、2015年1月に「プレミアム親子食堂」を立ち上げる。
これが、宮崎県内のこども食堂の先駆けとなった。

風俗業の経営から、法人立ち上げを経て、こども食堂へ。
2人の軌跡はいかにもアヤシゲで、眉をひそめる人もいるかもしれない。

しかし、この2人のストーリーを、貧困の中で育った者たちが貧困の連鎖を断ち切ろうとしてきた苦闘のストーリーとして見ると、見える景色はまた変わってくる。
しばし2人のストーリーに耳を傾けてみたい。

記事・画像引用元(全文はこちら)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yuasamakoto/20170201-00067139/

生い立ち(抜粋)

ユウジ
・9歳で親が離婚、借金を背負ってしまった母に引き取られる
・母は風俗で勤務するも2,3年で自分の店を持つ、店の一角で生活するユウジ
・自分の小遣いは自分で稼ぐように言われていたユウジは、小学5年から新聞配達を始めた
・中学時代はバイトをしながら学校には行かず、ただ生きること、友達を失わないことに必死になっていた。高校受験は考えなかった。周囲はみんなそうだった
・中学卒業後、母の紹介でマグロ漁船に乗る。今思えば「売られた」のだろう。
3年間で800万円ほど貯まったが、すべて母の借金返済に消える
成人までに1200万ほど母の借金返済にあてる
・船をやめて板前をやり、終了後は朝まで飲み屋で働く、仲間と飲み屋を開業、14店舗まで増やすもわけあってやめる
・30歳でビルメンテナンス会社を創業、経営が苦しいので夜はデリヘルを経営、そのころマキと出会う

マキ
・物心ついたとき母はいなかった
・パチンコ依存症の父に育てられ、借金取りに怯える幼少時代
・中学の時部活で使うスパイクが欲しくて父に土下座して買ってもらうようお願いしたが断られる、このころから家出が始まる
・中学を卒業しその頃付き合っていた彼氏の親類を頼って埼玉の川口の飲み屋で働く
・17の時父がうつ病になったため宮崎に戻り親類の飲み屋で働き19で結婚出産→離婚→風俗勤務中ユウジと知り合う

プレミアム親子食堂 HP
https://oyakosyokudo.jimdo.com/

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

感想ボタン
  • いいね! (0)
  • つまんない (0)
  • わろた (0)
  • 読まなかった (0)
  • は?怒 (0)
  • エッッッッ (0)
  • アベが悪い (1)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.