風俗経営を経て会社設立、そして貧困家庭の為に「こども食堂」を運営する夫婦の生き様が凄い

1: 風吹けば名無し@無断転載禁止
~風俗街で出会う~

マキ(34歳)がユウジ(45歳)に出会ったのは21歳。
2人が生まれ育った宮崎市内の風俗街でだった。

マキは働いていた飲み屋で知り合ったパチンコ依存症の夫と別れたところ。
ユウジは日中ビルメンテナンスの会社を経営しながら、夜はデリヘル業(デリバリーヘルスという業種の風俗店)に携わっていた。
ユウジもこの時点でバツ2だった。

2人は結婚。
デリヘルやSM店経営の後、本業のビルメン経営の傍らで、一般社団法人「日本プレミアム能力開発協会」という団体を立ち上げ、その事業の一環で、2015年1月に「プレミアム親子食堂」を立ち上げる。
これが、宮崎県内のこども食堂の先駆けとなった。

風俗業の経営から、法人立ち上げを経て、こども食堂へ。
2人の軌跡はいかにもアヤシゲで、眉をひそめる人もいるかもしれない。

しかし、この2人のストーリーを、貧困の中で育った者たちが貧困の連鎖を断ち切ろうとしてきた苦闘のストーリーとして見ると、見える景色はまた変わってくる。
しばし2人のストーリーに耳を傾けてみたい。

記事・画像引用元(全文はこちら)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yuasamakoto/20170201-00067139/

生い立ち(抜粋)

ユウジ
・9歳で親が離婚、借金を背負ってしまった母に引き取られる
・母は風俗で勤務するも2,3年で自分の店を持つ、店の一角で生活するユウジ
・自分の小遣いは自分で稼ぐように言われていたユウジは、小学5年から新聞配達を始めた
・中学時代はバイトをしながら学校には行かず、ただ生きること、友達を失わないことに必死になっていた。高校受験は考えなかった。周囲はみんなそうだった
・中学卒業後、母の紹介でマグロ漁船に乗る。今思えば「売られた」のだろう。
3年間で800万円ほど貯まったが、すべて母の借金返済に消える
成人までに1200万ほど母の借金返済にあてる
・船をやめて板前をやり、終了後は朝まで飲み屋で働く、仲間と飲み屋を開業、14店舗まで増やすもわけあってやめる
・30歳でビルメンテナンス会社を創業、経営が苦しいので夜はデリヘルを経営、そのころマキと出会う

マキ
・物心ついたとき母はいなかった
・パチンコ依存症の父に育てられ、借金取りに怯える幼少時代
・中学の時部活で使うスパイクが欲しくて父に土下座して買ってもらうようお願いしたが断られる、このころから家出が始まる
・中学を卒業しその頃付き合っていた彼氏の親類を頼って埼玉の川口の飲み屋で働く
・17の時父がうつ病になったため宮崎に戻り親類の飲み屋で働き19で結婚出産→離婚→風俗勤務中ユウジと知り合う

プレミアム親子食堂 HP
https://oyakosyokudo.jimdo.com/

風吹けば名無し@無断転載禁止
自分の連鎖を絶つだけでも大変なのに

風吹けば名無し@無断転載禁止
応援したいですね。出来れば手伝いたいとも思う。
宮崎だけでなく、全国に拡散するといいですね。

風吹けば名無し@無断転載禁止
覚醒剤とか風俗とか、一切みたことないし、触れたこともない2次元の様な話が本当にあり、もがいている人がいる。そして、一歩間違えれば、いつ自分にふりかかるかわからない。他人事ではない。こんな、劣悪な環境があることがもうすでに、ショックでおかしいと思う。あってはいけないはず。私もできることなら、日本のためになにかしたい。彼らを尊敬しています。

風吹けば名無し@無断転載禁止
お涙頂戴とか、何もやらないで批判している人よりは、この記事の人達のほうが国や人のためになっているだろうね。
ただ批判するだけの人ってのは、頑張っている人への妬みがあるのかな?

望まぬ妊娠をするのが悪いとか何とか…
少子化の時代に何を言うのかね?
現在の日本の年金は賦課方式。
生まれた子供の存在を否定するなら、年金需給も拒否して頂きたい。

風吹けば名無し@無断転載禁止
金を持ってる奴、良家の子女が、パパ活をしてたりするんだよ。
で、何か有っても、それなりに裕福なので、金で解決しちゃう。
そう言う世相。
その中の貧困世帯はって事になる。
案外女性の世界は、我々男性が思う以上に、闇が深い

風吹けば名無し@無断転載禁止
壮絶な半生で小説よりも奇なりです。
お二人が堂々と顔を出して語っていただいている事に尊敬の念を禁じ得ません。

風吹けば名無し@無断転載禁止
宮崎から•••と聞き、コメントせずには、いられませんでした。地方あるあるですよね•••私の実家も、同じ宮崎県です。私の父親も、しょっちゅう、借金の保証人にさせられた•••頼まれた•••なった•••なので、家の黒い電話、しょっちゅう、鳴ってました。当時、母親は、銀行でパート職をしていたので、そこへ電話がかかってきて•••辞めざるを得ませんでした。両親は、後に離婚しました。記事を読み、少なからずの経験者として、お二人の事を応援します。頑張ってください!!

風吹けば名無し@無断転載禁止
子供の頃の経験があるからこその子供食堂。
素晴しい行動だと思います。
子供は生まれてくる境遇を選べない・・・泣けました。

風吹けば名無し@無断転載禁止
努力しない大人、我慢しない大人、働かない大人などに還元するより、未来に期待値がある子供達に還元するってのが良策!
自身の経験から語られてる事に、過敏に嫌悪感を露にしている人もいますが、過程を非難する前に結果を評価してもらいたいですね。
自己犠牲も厭わない活動と、それを支えてる友人や関係者の方々には頭がさがる想いです。

風吹けば名無し@無断転載禁止
こんなレア・ケースをニュースにされてもね
大部分の貧困者は再生産するだけだが
改善策はない

>> 風吹けば名無し@無断転載禁止
>>
君は何もしない非国民だがな

風吹けば名無し@無断転載禁止
内容は非常に濃く重要で「物が溢れている世の中で足りないモノは愛」であると、子供という光と風俗という闇が上手に融合した成功例ではないかと思う。
多くの風俗店を見てきたが、風俗は擬似的な愛を餌に簡単に稼ぐ業種で、客のニーズさえ掴めば楽勝である。ただ自己中心的で自己満足さえ満たせばいい運営者が大半で、このような闇の愛を光の愛に変えるような考えを持つ経営者は一握りなのです。

>> 風吹けば名無し@無断転載禁止
>>
で、あなたは何かしてるの?

風吹けば名無し@無断転載禁止
宮崎は確か、九州の中で一番 貧困率が高いはず。

風吹けば名無し@無断転載禁止
綺麗事では解決しない問題が沢山有る。そんな中で自らの財産を投げ打ってこうした活動をするこのご夫妻はすごいと思う。

風吹けば名無し@無断転載禁止
こういう大変なことを出来る人って、本当に尊敬するよ。思うことと出来ることは違う、、、本当にすごい

風吹けば名無し@無断転載禁止
なかなか出来ることじゃないよね。
こういうのを放置して外国にバラ撒くことしか考えてない政治家はまさに国賊だね。
アメリカファーストを真似して日本ファーストでお願いします

風吹けば名無し@無断転載禁止
あの、都内でキャバとか風俗とかほとんどが学生とかOLの副業で全然罪悪感ない人のほうが多いんだけど、そういう事実はほとんど報道ないのよね。
LINEとかで素人がかねもらってる率が増えてるのもあるわな。

>> 風吹けば名無し@無断転載禁止
>>
別にキャバクラや風俗が悪いってわけではないんじゃないか?
そういうのは貧困層の受け皿になってるわけで、なくなったらそれで生計を立てている人達はどうなるの?
生活保護受給すればいいの?
それともあなたがまっとうな仕事を生み出してくれるの?
記事中にも「体しか資本のない女性」について書いてあると思うんだけど。

そもそも学生のキャバ嬢が増えているのは学費の高騰も理由のひとつだよ。
国が間接的にそういう仕事に追いやってるんだよ。

風吹けば名無し@無断転載禁止
世の中には、風俗産業を毛嫌いする人多いね。どれだけ清廉潔白だと思ってるのか知らんが…他人の状況で勝手に妄想膨らませて下卑た言葉を吐くほうが、よほど臭くて汚いわ。まだ解決できてなくても、問題を解消しようと行動してるだけで、そこらの政治家なんぞより十二分に世のためになってると思う。

風吹けば名無し@無断転載禁止
生活保護・自立支援は行政だけではどうしても行き届かない所がある。
仕事柄、それを痛感する事が多々ある。
こういった活動にこそ、生活保護の本当の意味があるし、自立支援にもなるんだと思う。ぜひ、お二人には頑張ってほしいし、行政側もこういった活動に注目して支援をして欲しい。

他の記事もどうぞ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.