OS(オレオレ詐欺)、板(現金受け取り役・受け子)、はり(見張り)、1日100万とれる…. 振り込め詐欺の手口を仲間に説明

1: 風吹けば名無し@無断転載禁止
振り込め詐欺グループの男が逮捕前、FNNのカメラの前で語ったのは、犯行の巧妙な手口だった。

これは、振り込め詐欺の手口を仲間に説明する様子をとらえた映像。

「スーツ着てもらって、髪の毛も黒くしてもらう。ちょっとくらい悪そうでも平気だよ。ピシッとすれば。かばんとかも持たせるし。あれだったら眼鏡とかかけさせるよ。市役所の役員のふりするんで」と、軽い口調で話すのは、渡辺真悟容疑者(20)

2018年4月、80代の女性に投資で失敗したなどのうその電話をかけ、現金200万円をだまし取ろうとした疑いで逮捕された。

渡辺真悟容疑者「やるなら週払いだけど、土日は休み。経費とかもタクシーとか電車とかで超移動するから、交通費とかは(こっち持ちだから)。実際、俺今“板”(現金受け取り役)の“はり”(見張り)やってんの。実際“板”だったら、末端の方が捕まらないと思う」

現金の受け取り役の方が安全でもうかる。

渡辺容疑者は、その点をさらに強調する….
 
 
 
記事・画像引用元(映像ニュースあり)
https://www.fnn.jp/posts/00390682CX