翁長知事←2014年自民党時代に一部自民党議員や共産、社大党、社民、生活の党などが出馬要請・支援して知事当選… ツイッター民「共産党から出馬」

1: 風吹けば毛無し@
2018年の県知事選告示翌日未明、短文投稿サイトのツイッター上にこんなツイートが投稿された。

〈情けなくて涙が出てくる。こんな人が県知事候補ですか。「私には米国人の血が流れてるから米国に物が言える」…共産党出馬の翁長知事が訪米しても政府関係者の誰にも会えなかったし、沖縄の米軍基地の中にすら入れなかったのに、ハーフってだけで米国に堂々と意見できるとか、いい加減にしなさい〉
 
 
~ 中略 ~
 
 
取材の結果、ツイートした内容は事実と異なることが確認できた。
翁長雄志前知事(故人)が共産党から出馬した事実はなく、訪米の際には米政府関係者と面談していたことが分かっている。
県担当課からは、前知事が県内の米軍基地内に入れなかった事実はないことも確認した。
 
 
~ 中略 ~
 
 
今年1月、Aさんと近しいと思われる関係者らを訪ね、接触を試みたが、実現できなかった。
ツイッター上でも直接の取材を申し込んだが、会うことは拒否。
公開で質問を受ける意思を示し、日々投稿する意図をこう説明した。

一方、県知事選中の一部の投稿がフェイクニュースと判断されたことについては、異論を唱えた。

〈「2014年に日本共産党を含むオール沖縄の候補として知事選への出馬要請を受けた」とあります。これって共産党から出馬と同じではないですか?〉

14年の知事選で翁長雄志氏を支援したのは、社民、社大、共産、生活、県議会会派県民ネットに加え、自民を離れた那覇市議会保守系会派の新風会や経済界有志だ。
共産も支援団体の一つではあったが、「共産から出馬」との表現は事実と異なる。
 
 
記事引用元(全文はこちら)
フェイクニュースの発信者「偏った情報で民意が歪められるの耐えられない」
2019年2月2日
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/380161
 
 
 
翁長雄志 wiki
出馬表明の経緯
2014年6月5日、一部自民党議員からの沖縄県知事選挙立候補要請を受けて出馬表明した。
出馬要請した自民党議員は同年8月8日に除名もしくは離党勧告に従って離党した
同年8月11日、日本共産党・社会民主党・生活の党・沖縄社会大衆党・県民ネットの県政野党4会派で構成する知事選候補者選考委員会は「建白書に示された理念を堅持するぶれない知事が求められている」「沖縄うまんちゅ(民衆)のため力を尽くされる決意をお願いしたい」と要請文を読み上げ、翁長の出馬を求めた
 
 
 
 
沖縄フェイクを追う
https://ryukyushimpo.jp/tag/%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%92%E8%BF%BD%E3%81%86/
 
幻想のメディア SNSの民主主義
https://www.okinawatimes.co.jp/subcategory/%E5%B9%BB%E6%83%B3%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%20SNS%E3%81%AE%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9

風吹けば毛無し@

風吹けば毛無し@

風吹けば毛無し@

風吹けば毛無し@

風吹けば毛無し@

風吹けば毛無し@

風吹けば毛無し@

感想ボタン
  • いいね! (2)
  • つまんない (0)
  • わろた (0)
  • 読まなかった (0)
  • は?怒 (0)
  • エッッッッ (0)
  • アベが悪い (6)

こちらの記事もどうぞ

SNSでシェア